特許流通フェア2003in九州

 

〜特許流通で知的創造新時代を翔る〜

会期:

2003年11月12日(水)14日(金)

 
3日間
会場: 西日本総合展示場 新館
 
出展料 無料


出展のご案内
 開催にあたって
 我が国産業は、世界経済のグローバル化、ボーダーレス化の中、アジア諸国をはじめとした国際競争の激化や環境制約の課題を乗り越えるため、技術革新による高い生産性と国際競争力を持った産業を育て経済活力を回復させることが必要です。そのためには、産業技術の成果である特許を有効活用することにより産業界全体の技術開発力を向上させることが重要です。
 本フェアは、特許の流通を促進することを目的として、特許の需要サイド(地域中小・ベンチャー企業等)、特許の供給サイド(研究機関・大学・企業等)、特許流通支援機関、仲介技術コンサルタント及び商品開発コンサルタント等が交流する場を提供するものです。是非、多くの企業のご出展をお願いいたします。

特許庁
九州経済産業局

 開催概要
名 称
特許流通フェア2003in九州
テーマ
〜特許流通で知的創造新時代を翔る〜
主 催
特許庁、九州経済産業局
■協 力
独立行政法人 工業所有権総合情報館 (社)発明協会 (財)日本特許情報機構 日本弁理士会
後 援 (予定)
  福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、北九州市、福岡市、
(財)西日本産業貿易見本市協会、(社)九州・山口経済連合会、九州商工会議所連合会、九州商工会連合会、九州中小企業団体中央会連合会、(社)九州ニュービジネス協議会
■実施機関
(財)九州産業技術センター
会 期
平成15年11月12日(水)14日(金) 10:0017:00(最終日14日は16:00まで)
会 場
西日本総合展示場新館 北九州市小倉北区浅野3丁目8番1号
出展小間数
  72小間程度(小間サイズ:1小間=3m×2m〔6m2〕)
■入場料
無 料
開催内容 
 
特許提供企業・機関の展示コーナー
企業・大学・研究機関などの特許提供者の提供特許技術の展示を行います。
開放特許説明会
出展者による提供特許技術のプレゼンテーション、または、全国の特許流通アドバイザーによる開放特許事例の紹介を行います。
弁理士無料相談会
期間中、九州地域在住の弁理士による無料相談を行います。
特許流通アドバイザー相談コーナー
期間中、特許流通アドバイザーによる技術移転の無料相談を行います。
特許電子図書館(IPDL)体験コーナー
期間中、無料で特許電子図書館の検索が体験できる場を提供します。また、特許電子図書館検索指導アドバイザーによる検索相談を行います。
工業所有権総合情報館情報提供コーナー
期間中、無料で相談部職員による特許・商標などの手続相談、特許流通データベースの紹介、情報館のPRを行います。
交流・商談コーナー
特許提供企業等と特許導入希望者が自由に交流・商談できる場です。
同時開催 
 
九州・国際テクノフェアIT2003
(主催:IT実行委員会、(財)九州産業技術センター、(財)西日本産業貿易見本市協会)

多様化するネットワークビジネスの飛躍的な進化、コミュニティの効率化を実現するため、また、海外やベンチャー企業の活躍の場を創出するため、広域的活高品質なIT社会へ情報発信をおこなうとともに、地域情報化の推進による九州を核として社会経済飛躍の活力に寄与することを目的にフェアを開催します。

知的財産シンポジウム(11月12日(水)を予定、主催:特許庁)
知的財産研究に関して地域の交流を行うため知的財産シンポジウムを行います。
特許流通促進セミナー(11月13日(木)を予定、主催:(独行)工業所有権総合情報館)
特許流通促進をテーマに有識者による講演や技術移転成功事例などのセミナーを行います。
 開催趣旨
 本フェアは、特許流通の促進を図るため、企業・大学・研究機関等をはじめとする特許提供者と特許導入希望者とが直接商談できる機会を提供することを目的とするイベントです。
特許技術に関するニーズとマッチング特許技術に関するニーズとマッチング
 特  色
 
新聞、HP等によるPR活動を積極的に行い、西日本最大規模の入場者数を見込んでいます。
昨年度入場者数・・・・・・41,039名、昨年度商談件数・・・・・・520件

講演会、セミナー、説明会、相談会等を同時開催し、また、他のフェアとの合同開催により本フェアとの相乗効果が期待できます。

会場は、JR小倉駅から徒歩5分の便利さです。


下記ボタンをクリックしてご記入の上、送信してください。
出展申込書
[ 出展要項 ]
※必ず「特許技術情報入力フォーム」にもご記入ください。
特許技術情報入力フォーム
※必ず「ライセンス情報登録申込」にもご記入ください。
ライセンス情報登録申込