研究開発にチャレンジする中堅・中小企業をはじめとする地域企業に対して、マーケットに精通したコーディネータ等による活動を通じ、技術開発支援を行っています。
また、研究開発支援と併せて、事業化検討を行い、必要に応じて専門家を派遣すること等により、九州地域における新成長産業分野の事業創出に向けた事業プロデュース活動を行っています。

九州地方成長産業戦略(九州Earth戦略)に基づくイノベーション創出事業(JKA補助事業)

イノベーション創出調査研究

事業推進委員会(年2回開催)

九州経済連合会、九州地方知事会及び九州経済産業局等が策定した「九州・沖縄地方成長産業戦略」の実現に向け、その一翼を担うため、事業の統括管理及び実施結果の自己評価を行うとともに、事業化の見込みが高い戦略分野、企業候補の選定、さらには研究開発委託調査テーマの評価・選定を行います。

事業化可能性検討分科会(年3回開催)

事業推進委員会の下、研究開発支援に係る事業性の現状について検討・評価を行うとともに、継続研究・追加支援の必要性について検討し、九州域内企業の新たな事業展開の可能性を検討します。

コーディネータ活動

コーディネータによる企業の技術ニーズを調査し大学等の技術シーズとのマッチングを試みるコーディネータ活動を展開しています。

コーディネータ連絡会

統括コーディネータを座長として、コーディネータ連絡会を開催し、コーディネータ活動の活性化及び進捗状況の管理を行います。

ブラッシュアップ研究会

コーディネータ活動により、技術シーズ・ニーズが一致した案件及び公募により事業推進委員会で採択された案件については、研究開発を加速し、事業化までの課題整理及び課題解決に向けた対応を行うため、コーディネータ、大学等研究機関及び企業の関係者で構成するブラッシュアップ研究会を開催します。

機械工業振興チャレンジ研究調査

事業化に向けた産学連携の取り組みを具体化するため、公募により採択された案件については、ブラッシュアップ研究会と一体となった委託調査を行います。なお、コーディネータ案件も公募対象とし、採択された場合は委託調査を行います。

ニーズ等発表会等

マッチングのキッカケづくりと課題解決を促進するために、有識者による講演、企業の成功事例の発表および異業種交流等の場を提供しています。

事業プロデュース活動

中堅・中小企業の研究開発から製品試作、商品化、販路開拓で生じる様々な支援活動(事業プロデュース活動)を実施しています。

平成29年度九州 Earth 戦略に基づくイノベーション創出事業 概略図

上へ
Copyright (C) kitec All Rights Reserved.
KYUSHU INDUSTRIAL TECHNOLOGY CENTER 財団法人九州産業技術センター